役割を買って

今週のお題今年買ってよかったもの

 

 あと3ヶ月ちょっとで大学を卒業します。そんな今、私は謝恩会の準備をしています。11月の中旬に同級生(Aちゃん)に謝恩会の準備を手伝って欲しいとお願いされました。あまり乗り気ではありませんでしたが、これも何かの機会と思い、引き受けてみました。

 

 Aちゃんとはそこまで交流があったわけではないのですが、花束の下見やホテルの予約など休日も使って謝恩会の準備をしているうちに、Aちゃんの知らない部分がたくさん見えてきて、知らない部分を見れば見るほど、今まで以上に魅力的に感じるようになりました。もともとAちゃんはとても性格が良くて素敵だと思っていましたが、さらに好きになりました。

 

 勝手に、苦労なく今まで生きてきたのだろうなと思っていたのですが、想像を超える辛い体験をしていたりと驚くこともありました。なぜそんな体験をしてきたのに、そんな優しい人でいられるのだろうと不思議な気持ちになりつつ、ちょっと胸を締め付けられるような何とも言えない感覚を味わいました。

 

 そして毎回、やっぱりAちゃんは素敵だなと感じるのです。

 

 前に、信頼できる人が自分にはいないと悩んでいた時、ある人から「あなたは人に興味がないのね。人に興味がないから、人を好きになれないだけなのよ」と言われたことをふと思い出しました。仲良くしようと取り繕うのではなく、その人を知りたいと思って、その人を知っていくうちに、仲良くなっている。そういうものなのかもしれない。そうAちゃんと接しているうちに思うようになりました。

 

 謝恩会の準備を引き受けて、良かったと思います。

 

 まとまりのある文章ではないですが、このぐらいぼんやりしている感じがこの話にはぴったりな気がします。